【100均】キャンドゥとワッツでディスクタイプタッチペン(スタイラスペン)を買いました

絵がまっっったく上手いわけではありませんが、何となく絵を描いてみようかななんて思ったりしまして。

かといってガッツリお高いデジタル用の機材を揃えるわけにもいかないからまずはスマホで。
とりあえずタッチペンを買ってみようと色々調べているうちにディスク型のタッチペンの情報を得ました。

100均ディスクタイプスタイラスペン

100均スタイラスペン説明

右がワッツの。ワッツってあまり見ないんですが結構な範囲にあるみたいですね。地味目なお店なので正直タッチペンがあると思ってませんでした(笑)
真ん中がキャンドゥの。
左のは導電繊維のタッチペンです。ディスクタイプは壊れる(消耗品)だと見たのと、使い心地がわからなかったので保険で。

キャンドゥディスクタイプスタイラスペン

発売元がキャンドゥ。
このタイプの他に、クリップのついてない代わりにボールペン機能のついたものがありました。
キャップはネジ式で、これをディスク側にはめるときが怖い(笑)

ワッツディスク型タッチペン

ワッツは山田化学株式会社製。ワッツの名前はなかったので、他の100均でも売ってるかも。
キャップはカチッとはめるだけ。とはいえやっぱり蓋は怖い(笑)

通販でも買えます。

100均ディスクスタイラスペン比較

比較。似てるけどちょっとずつ違います。

キャンドゥワッツディスクスタイラスペンペン先比較

ペン先部分はキャンドゥの方がABS樹脂、ワッツの方が導電性シリコーンゴムと書かれてます。違いがわからない。

使用感の違いも正直わかりません(笑)
ですが想像以上に書きやすくてビックリしました。
コツを掴むまでは少し違和感があるものの、ディスクがついていてもここまでさらさら書けるとは。
強いていえば文字をペンの感覚で書くのは難しいかも。ゆっくり書くか、大きく書かないとなかなか上手く認識してもらえない。

ペン先の感じと書き始めの位置の微妙な感覚とかはこれから慣れていくものだと思います。

ちなみにスマホの保護シートは100均の薄いやつなので何の問題もありませんでした。

キャンドゥ電導繊維タッチペンペン先

おまけで導電繊維のもご紹介。
先っぽは少しフカフカしています。

キャンドゥ電導繊維タッチペンストラップホール

クリップ側にはストラップ用の穴があるので、スマホやタブレットにつけておくことも出来ます。

設置面が見えにくいので絵を描くには不向きなものの、ネット検索やTwitter、文字入力ならこれで充分です。