旅スロ必勝本 感想

収録番組が全部旅モノ企画のDVD。

★のりうちスロワゴン
どっかで聞いたような◯◯ワゴンな番組。新大阪から東京への旅。
青山さん、つる子さん、松真さん、アレンさんの4人でスタート。途中で下車や乗車があり大和さん、アンナさん、美雪さん、辻さん、畑さん、なるみんが参加します。

実戦は男性ライターが下見、翌日並び打ちしたい相手に告白し、成功の場合は並び打ち。失敗の場合や告白そのものが来なかった場合はひとりで行います。
2人でプラス収支ならばスロワゴン下車、マイナスなら女性のみ下車。もし最後まで下車出来なかった場合はお仕置きです。
最終日のみ女性もプラスじゃないと下車出来ず、また男性が余っても救済があるので告白失敗でも最後までわかりません。

成功した人たちのわいわい感や、1人で勝ってる人の余裕さなど、色んな面が見れました。

告白シーンが想像よりも真面目でした。告白した方もされた方もそれぞれの性格が出る。
スロワゴン中はあだ名で呼びあったり、タメ口で話してみたりといつもと違ったコミュニケーションをとっているのが見れて面白かったです。


★くり&飄 パチスロ打ちの修学旅行 in 九州
修学旅行に行ったことがないという2人を修学旅行に連れて行っちゃう番組。引率の先生もいます(多分四帖半さん)。
観光とパチスロの両方があり、パチスロ実戦には晩御飯がかかってるので2人とも本気・・・なのかな(笑)2人のキャラクターがキャラクターなのでそこはね。
1日目で晩御飯がちゃんと豪華なのがわかったので気合が入ります。

観光はゆるめ、パチスロは後半から(笑)
2人の関係性や仲の良さが垣間見えました。


★心理テストで仲が悪いという結果になったアンナ&まいたけに旅をしてもらった。
この番組のために女子ライターに心理テストを実施し、仲が悪いとなった2人の旅。カレーやオムライス作りもありつつ、もちろん実戦も。
実戦はお互いの財布から打つというもの。出玉は打った人のものなので、相手の投資以上に自分が出さないとマイナスになってしまう恐怖。
話し合いと朝の抽選の結果並び打ちになりました。その方が平和だけどアンナさんの自由さがすごかったです。

最後は再度心理テストで2人の中がどうなったか再検証。もはやめんどくさそう(笑)


★沖縄本島一周原付87チカの旅
矢野さんが8万7000円を持たされ、原付で沖縄本島を一周しながら沖スロで87回チカらせることを目指す旅。
所持金から3日間の実戦、食事、宿泊をこなし、残された金額がギャラとなります。
ただし、87チカ達成出来た場合は経費で落とすことが出来ます。

実戦ホールは自由ながら、自由が故に撮影がスマホ。

VTRの多くが原付矢野さんを後ろから車で撮りながらウィーさんと喋ってる図なので、水曜どうでしょう感がありました。全体的にそんな感じ。

激スロバトル DVD BOX ~激昂編~ 感想

必勝本やDXのDVDの再収録も含まれてるので、今回はそれ以外の新撮分の感想を。

★激闘!!カラーバトル
青山さん辻さん畑さんの青チーム、マコトさん大和さんまいたけさんの赤チームに分かれ、それぞれの色の7を77回揃える対決です。言及されませんでしたがGODシリーズ打ったらすぐクリア出来ちゃうルール。

赤7機種は多いけど青7が全然ない!ということで「赤以外なら何でもOK」になります。結局3人で正宗2を並び打ち。わいわいやる青チームに対して赤チームはバラバラ(笑)

途中まではやはり赤側が有利な展開。そこに余裕を感じて「奥州ボーナスでもポイント」「秀吉決戦突入でポイント」と甘くしてるうちにいい勝負になって面白かったです。


★激スロ!!クイズバトルQ
マコトさんラッシーさんのチーム既婚、カイザーさん三上さんのチーム慎吾と皇帝、松真さん矢野さんのチーム若手の3組でクイズバトル。
司会はHYO.さんなんですが、このメンツなのでかなりやりたい放題です。自由。誰HYO.さん司会にしようって言ったの。天才です。
イントロクイズや知識系の問題など、すぐわかるから誰が知ってるのまで幅広く出題されます。アレンさんの行動を予測する本当に答えがわからない問題も。

わいわいしたバラエティーいいなーと思って見てました。
問題の難しさとかちょっとぐだっとした感じはありながらも最後まで楽しめました。


★世代別GACHI!バトル
20代二星さん、30代大和さん、40代こーじさん、X代NIYAさんでの差枚数勝負。
カイザーさんは自称10代として冒頭にいるのですが、17歳はホールに入れないということでマジ退場です。ならなぜパッケージに名前を書いたのか。

実戦は普通にバトル実戦。
勝者はいつもちゃんと勝ててるイメージの方でした。


★みんなで競え!連動サービスミッションバトル
こっち見てわかったのは、おそらく世代バトルと同じ日ですね。カイザーさんをいじるために出した、ってところでしょうか。

ユニメモなどのミッションクリア数のみで対決。差枚数は関係なし。
こういう遊びのある番組にクボンヌさん珍しい。意外と尖ったことを言うので誰かと喋らせるのも面白いです。

普段はいわゆるガチ勢な葛さん、ミッションに興味がない分勉強してきたそうで知識をしっかりと発揮します。真面目か。


★御陽気者くり
くりさんがやっていた番組の特別編。
財布に2万しか入ってない、ってことで自分とのバトルと称して上限2万の実戦を行います。

番組自体が初見だったので、短パン、サスペンダー、蝶ネクタイ、ほっぺピンクに丸いハットというおぼっちゃまスタイルに驚愕。
メモもノートにクレヨンで。リアクションもぶっ飛んでて面白かったです。濃厚だから35分と短めなのが丁度いい。


裏メニューとしてとある映像が入ってます。
ごくごく短いですし再録ですが、らんなうぇいが好きならば(本編にらんなうぇい関係ないのに(笑))。

【レビュー】BUFFALO 外付け DVD/CDドライブ DVSM-PTV8U3-WH/N

新しいパソコンを買う時に必須事項としていたDVDドライブ。

結局外付けで買うほうが安い、ということになりこちらを購入しました。

DVDドライブ読み込み

DVD書き込みなど多機能なようですが、欲しい機能がDVDとCDの再生のみということで持て余してます。


DVSM-PTV8U3-WH/N

BUFFALO DVSM-PTV8U3-WH/N

取扱説明書とWindows用のソフトウェアが入ってるDVDと本体。

BUFFALO外付け DVDドライブ

裏面を見るとコードが2本あるのがわかります。
基本的には横から出てるコードを繋げばOK。電力不足時や認識されない場合にもう一本を繋ぎます。

外付けDVDドライブコード収納

うまく収納できるように考えられてます。


Windowsパソコンなので、まずは使えるようにするためにDVDからソフトをインストール。

ディスクを読んでも「実行する」といったボタンが出てこなかったので「エクスプローラー」→「DVD RWドライブ」→「Drivenavi」をダブルクリックで実行。
これ以外は説明書通りに進められました。

DVD-Video(購入したDVD作品など)の再生について

実はDVD-Videoのという規格の再生に対応しておりません。 盲点でした。

規格の話なので詳しくはわかりませんが、手元にある市販のDVDは映画、コンサート、バラエティ、CDの初回盤についてるものまでもれなくDVD-Video。

私が再生したいのは市販品。こんな事が起きるのは想定外。
過去の型番を見るとDVD-Video対応って書いてあるものもありました。何で対応をやめたの。。。

仕方がないので模索した結果、Microsoft Store内のとあるアプリを使用しています。
ウィルスソフトにも引っかかってないので安全性にそこまでの心配はないのですが、アプリ内が英語のみでわからないことが多いためアプリ名は伏せておきます。


で、他社製のDVDドライブはどうなんだろう?と調べてみたところ。

この製品は対応してると思われます。
商品ホームページの「最大読み出し速度」に「DVD-Video再生」があるから。多分。購入前に詳しい人に聞いた方がいいです。

先にわかってればこっち買いましたね。。。

まとめ

コードが短くて収納出来るから邪魔にならなくていいです。

あと他の製品でも出来るかもしれませんが、電源オフでもクリップがあればディスクが取り出せるようになってるので万が一のときも安心です。
パソコン本体についてるとそこが心配。先代のMacはトレー式じゃなかったのもあって出せなくなったら分解しかなかったかもしれない。

回胴下剋上バトルⅤ ~因縁乱舞の出玉ガチ勝負~ 感想

5にして初めて見る下剋上バトル。
6戦あり、それを射駒さんが見守ったり予想して、下剋上側が勝てなかった場合は罰ゲーム。


まずは下剋上する側の6人が集まっての会議。

くりさんが初っ端からエンジン全開で喋ってます。
他のメンバーがかつなりさん、辻さん、三上さん、美原さん、松真さんとあまりガツガツいかない顔ぶれなのもあってほぼくりさんが押してます。なのに三上さんのことはちゃんと三上さんって呼ぶし、挨拶は大切にする。真面目か。

あとかつなりさんに色々あった件をほじくり返してました(笑)
何かあったことそのものを何も知らなかったのに「何かアレ系の一件があったらしい」ということだけ知ってしまった。


初戦は嵐さん対かつなりさん。
嵐さんがかつなりさんの台選択に合わせて凱旋対決です。
開始してそう経たないうちにわかっちゃうんですが、2人揃っておは天。このおは天がどうなるのか、それともどうにもならないのか。

受けた射駒さんも言ってましたが、かつなりさんのキャラとそれを受ける嵐さんが意外と噛み合っておりません(笑)嵐さんにしては珍しい光景。


HYO.さん対松真さん。
HYO.さんの弱みを握りたいという気持ちはなんとなくわかります。HYO.さんは隙がない。頭がいいし、動揺しても表には出なそう。そして握った弱みは動画で言う。
実戦は序盤から展開よくいい戦いだったと思います。それ以外は松真さんが負けてます(笑)


KEN蔵さん対美原さん。
ガチ系同士の戦い。
KEN蔵さんあの機種本当に好きなんですね。


梅屋さん対三上さん。
三上さんは元々ガチな立ち回りをしていたのに最近の扱いが酷いと(笑)
ミッション7での扱われ方は確かにそう。


青山さん対辻さん。
この対決だけは深夜ホールです。しかも凱旋縛り。
HYO.さんの収録が3月上旬と言ってたので、収録時期的に微妙なところだったと思われます。

対決なのに相手の当たりを喜んじゃう青山さん。GODを引く理由がほしいと、対決とは関係なくGODをたくさん引いた方が相手に何かやってもらえるという罰ゲームつきになりました。

実戦前から最後の最後まで自由奔放な青山さんに辻さんが振り回され、それをわかりつつも強くは出られない辻さんの優しさがにじみ出るあたたかな映像でした。


ビワコさん対くりさん。
パッケージ見た時点で「これはどう見ても・・・?」と思ってました。他誌の人。
冒頭の会議でくりさんの対戦相手はスタッフさんが勝手に選ぶと聞いて納得です。

バトルを仕掛けているのにビワコさんにバトル感なし(笑)
ただとても楽しそうでした。ビワコさんがあまりバトルに向いてない。


最後に、下剋上失敗した人たちに罰が。ここからリモート収録になりました。

リモートならではのもので、地味に嫌というじんわり罰。
この中の1人はそんなに嫌じゃないかわりに反省することになる内容という、どっちに転んでも罰は罰。


面白かったです。
バトルもの、ましてや下剋上という冠がある以上対戦相手との関係性は大事だなと思いました(笑)仲が良かったり共演機会が多いほうが突っ込んでいける。

【MacからWindows】ことえり日本語入力からGoogle日本語入力へユーザー辞書移行

パソコンを買い替えた時に消えちゃ困るデータの上位にあったユーザー辞書。

特に私は300件以上の登録があり、単語から人名、略称、HTMLと何でも登録していました。

新しいパソコンに変えてデータやらを移行しセキュリティを完璧にしても、ユーザー辞書がないととても困るのです。

というわけで、MacのOS 10.6 ことえりから、WindowsでのGoogle日本語入力への移行についての手順を書いておきます。

OSが古いと他の手順紹介の画像と書いてあることが違うことが多くて迷う迷う。


ユーザー辞書.plistというファイルを作れない場合のエクスポート

検索してみるとよく見かけるのが「システム環境設定の〇〇から"ユーザー辞書.plist"というファイルを作ってね!」という記述。


いやそんなタブないんですけど?という画面が表示されてたのでどうにもこうにもいかない先代Mac。


ということで探って見つけたのがテキストでの書き出し。

単語登録を立ち上げ(普通にことえり立ち上げでもいいのかも。単語登録でしか起動しなかったもので)「辞書」から「テキストに書き出す…」を選択。
すると「ユーザー辞書.txt」という名前で保存されます。

ことえりエクスポート

見てみるとこんな感じ。
思いっきり使ってたデータなので隠してますが、赤が読み、緑が単語、その右が品詞となっています。

Google日本語入力へインポート

このデータをWindowsパソコンへ移動。

デスクトップ右下の日本語入力のアイコン横の「あ」を右クリック。
「辞書ツール」→「管理」→「新規辞書にインポート」から該当ファイルを開きます。

フォーマットは一応「ことえり」を選択しました。
選択肢に入ってるならファイルを見ての自動判別でもいいのかも?

まとめ

無事に新しいパソコンでもサクサク文章入力が叶ってます。
手入力だけは避けたかった。

Google日本語入力に変えて、パソコンが古かったのもあって人名にかなり弱かったのが抜群によくなりました。意外な単語が一発変換できなかったりもしてた。間違った日本語かと思って調べちゃう。
アプリのおかげかどうかは不明ですが、予測変換が使いやすい。ことえりももっといじってみればよかったのかな。

ことえり、2014年以降のOSには別の日本語入力プログラムが実装されてるんですね。
私が言うのもなんですけど、今ことえり使ってる人相当長くパソコン使ってます(笑)

とはいえまだまだお世話になってる人もいるでしょう。
ことえりとお別れの際は、その記録とともに無事移行できますように。