【レビュー】SONY WALKMAN NW-S313K

WALKMANを新しくしました。

先代もWALKMAN(NW-S754)です。スピーカーの調子が悪くなってきていたということもあり買い替え。

主な用途は室内でのスピーカ使用での音楽鑑賞、外出時は耳掛けイヤホンなのでノイズキャンセリングとはご縁がないというあまり参考にならない感じかもしれませんが、使用感の違いなど比較しながら書いていきます。

ウォークマンNW-S313K箱外装

まずは箱。とてもシンプルです。

ウォークマンNW-S313K本体スピーカー

スピーカーと本体。かっこいい。
ブルーですが青より水色っぽいです。

ウォークマンNW-S313K同梱

本体とスピーカー以外には説明書、ノイズキャンセリング対応イヤホン、USBケーブルなど。
映ってないですがスピーカーとコンセントを繋ぐケーブルやイヤホンの付け替えるシリコン?も付属してました。

イヤホンには本体のUSBを繋ぐところ(スピーカーに挿す部分)を塞いでおくやつがついてました。手持ちのお安い耳掛けイヤホンにも付け替えられて安心。

説明書はあんまり読んでないんですけど先代と同じ方法(iTunes→WALKMAN)で音楽を入れられました。

改善されたと思う点

★スピーカーの音量が本体に記憶されるようになった
先代はスピーカーに差すと問答無用でまぁまぁの音量になってしまい、再生前にスピーカの方で一旦下げないといけなかったんですが(もちろん忘れてギャッてなる)イヤホンの音量とは別にスピーカーにした時の音量を記憶してくれている様子。

改悪されてしまったと思う点

こんなに変わってるとは知らず、あまり調べずに変えてしまったというのもありますが、正直改悪されてしまったと感じるところが多かったです。同じSシリーズなんですけどねー。

★時計表示がなくなった
外ではスマホの代わりに見たりしていたので微妙に困る。
「あと○分だから○曲くらいで着かないと」とか。

★斜めから見た液晶が…
詳しくないのでどういう違いなのかわかりませんが、斜めから見ると全然綺麗に見えません。

ウォークマンNW-S754K液晶比較

これは正面から見たところ。こうして見るとアートワークの大きさも違う。

ウォークマンNW-S313K液晶比較

斜めから見たところ。色合いが全然違って見えます。

スピーカ使用の時は目線より下なので楽しみが減っちゃいます。

★画像や動画を入れられない
これも画面が小さいので困ってるわけではないんですが、背景画像も設定できなくなったのが寂しいです。メニュー画面が地味。

★ブックマークがなくなった
これが一番困りました。曲をガーッと入れて聞きたいやつだけブックマークにどんどん入れてたので、結局重複してるやつをチマチマ消しました。シングルとアルバムの重複がめんどくさかった…。プレイリストはあるんですけどもPCが重いのであまり色々させられない。
本体から消せるようになったのはよかったです。聞いて判断したい曲とかあったら困るな〜。

★スピーカーがモノラルになったっぽい
先代はステレオだったんですがどうもモノラルになったようです。ちっちゃいスピーカーとはいえステレオの方が嬉しい。

変わったけど特に影響のなかった点

★アルバム名が表示されなくなった
★おまかせチャンネルとちょい聴きmoraがなくなった
★ポッドキャストがなくなった
★イコライザなどがなくなった
★Bluetooth対応になった
★アラームがなくなった

★ノイズキャンセリングの設定が細かくなった
先代はON/OFFの二択でしたが、電車/バス、航空機、室内の3種から選んだ上に-15〜+15まで選べるようになってました。使ってないけど。

まとめ

他にも気づいてないだけで変わってるところはあるかもしれませんが、気づいたのはこれくらいです。

変わってしまったところは多かったですが、こだわりがあるわけじゃないので「まーいっかなー」と思って使っていきます。