【レビュー】クラシエ エピラット 脱毛テープを使用してみました

レーザーなどでの脱毛は一切しておらず日々カミソリでむだ毛の処理をしています。
けれどもなかなかうまくいかないと言いますか、しっかりした毛質な上に生えてくるのが早い、気がする。他の人の生えてくる早さなんか知らないし(笑)

除毛クリームを試してみたことがあるんですけど、個人的にはカミソリと大差なし。強靭な毛なのか。

ということで脱毛テープを試してみることにしました。
膝下使用です。

今回購入したのはこちら。

エピラット脱毛テープ外箱

クラシエのエピラットという脱毛テープ。ミニサイズもありますがこれは普通サイズのやつです。
腕、脚のむだ毛用なので顔や脇などへの使用はNGです。

エピラット脱毛テープ中身

箱の中にはテープと使用説明書。
箱自体にも注意書きはありますが、もっと細かく書かれています。生理前後も肌が敏感だからNG、とか。

エピラット脱毛テープ

シートの粘着面がこちら!と言いたいところですが、半透明のシートに透明なゼリーが薄ーく塗ってあるような状態なので全然映りませんでした。

シート全体の大きさは約16cm×6cm。粘着面はそのうちの約12.5cm×5cmほどです。
両端に余裕があるので貼るときはそこを持ちます。

使用感

まず先に私のむだ毛ですが(むだ毛の解説)、膝下は基本的に男性のひげのようなしっかり系。
多少長さがないと取れにくいかも、というのをレビューで見ていたので3mm-4mmまで伸ばしました。

毛流れを整えて流れにそって貼る、というのはどこでも共通ですが、結構空気が入りそうになったりよれたりしたので貼りはじめから空気が入らないようにかつ素早く貼るのが大事です。

最初はスネ。
意外と局面になっていてやや貼りづらいです。
剥がしたときの痛みはですね、布ガムテープを脚に貼って剥がしたよりちょっと下ぐらいでしょうか。貼ったことないですけど。
粘着力のあるものをそれなりの範囲に貼付けた上に毛も抜けるのでそこそこ痛いです。気合いは必要。

肝心の毛の抜け具合は想像よりもかなり良くて、貼った範囲の毛は3mmより短かったものもほとんど抜けていました。
剥がした後のテープはもう見てて面白い。抜くと意外と長い。

ふくらはぎや膝も試しましたがちゃんと抜けました。
ふくらはぎは毛の流れが難しかったです。

「半分に切っても使える」ということで狭い範囲でやってみました。
半分にすると持つ部分が片方だけになってしまうので、毛の流れの先の方を持つ部分にして貼らないと剥がすとき大変です。大変だったんです(見事にやりました)。

剥がすときに大事なのは「180度方向に一気に剥がす」ということ。
何枚かやると慣れて意識が行かなくなってうまく剥がれないことも。

抜ける範囲はですね、1箱で両膝下は無理でした…168cmなのでもっと小柄だと違うのかもしれません。

経過観察

「脱毛後5-6時間経っても炎症が続くときは直ちに皮膚科専門医の〜」と説明書には書かれています。

6時間経っても毛穴が赤い。

結局行かなかったんですが(見てる方は行ってね!)早くも脱毛テープはもう使わない決心を固めてしまいました。
全然敏感肌じゃないし大丈夫かな〜と思ってたんですけどね!お肌を保護する成分も入ってるのに!

しばらくかけて元に戻りました。
脚を出す予定がない時にやるか、目立ちにくい場所で1枚だけ試した方が良いと思います。

脱毛そのものの効果としては、一旦抜いただけのことはあって4週間近くむだ毛処理が楽になりました。
まぁ、脚全面は出来なかったのでまったく必要なくなるわけじゃないんですけどね。全面やらなきゃいけないのに比べれば!

ちなみにその後はこれまで通りもりもりむだ毛が生えてきています。

総合レビュー

自分に合えばまた使ってみたかった…!

でも箱に「以前脱毛商品を使って5-6時間赤みが消えなかった方は使用しないでください」って書いてあるんだもの。

これで処理できちゃうんだったら楽ですよ。痛いですけど。

使う時はまず試して、慎重に、がおすすめです。